知っとっけ?ブログ

【衆議院解散】何をやっても批判を受けるなら…


今秋、衆議院解散が確実視され早くも各党が総選挙に向けた駆け引きを繰り広げています。任期を1年と少し残したこの時期の解散に、野党や各報道機関からは「大義なき解散」「解散権の乱用」と批判の声が上がっています。目下、北朝鮮情勢が極めて不透明な中の解散に、「この大事なときに」という声も少なくないようです。

しかしながら、結局、クロとは言い切れなかった森友・加計問題に明け暮れた野党に「国民不在」という資格はないわけで、もし、これらの問題で与党を追い詰めることができたのならば「国民の信を問え」と衆院解散を迫ったことでしょう。野党の攻勢が思うようにいかない中での解散宣言だっただけに、これらの批判は「負け惜しみ」にも聞こえなくはありません。

国会議事堂
国会議事堂 / Richard, enjoy my life!


任期を残しての解散の意図は、これから取り組まねばならない財政や働き方改革などの諸問題、特に北朝鮮問題などに係る安全保障の問題に関して腰を据えて取り組む狙いがあると思われます。遠からず起こるであろう有事に対し、1年ちょっと先に選挙があっては対策の障害にもなり得ますし、もし今後大きな不祥事でも起こそうものなら政権基盤を揺るがされることにもなりかねません。そこで、勝てるときに勝っておきたいというのが狙いであると思われます。

「国民不在」という声も多数聞かれますが、この危機的状況で政権交代が起こって現野党に政権を任せようと思う人はそうはいないでしょうし、かつて民主党が政権を取った時よりも今の野党は足並みが揃っていないことは明らかです。

したがって、今回の総選挙は向こう4年間の政権の安定を担保し、ここ一連の疑惑や議員の不祥事等の失点に野党が多少食い込む程度で、山が動くほどのうねりは起こらないと思われます。
そんなことは、野党も左派マスコミも分かっていて、だからこそ、批判のための批判を展開することで1票でも1議席でも確保したいというのが本音でしょう。

こと安倍政権に関しては野党もマスコミも「まずは批判」、あたかも異常者如く扱うのはお約束ですので、何をやっても批判を受けるのならと開き直りに近い決意さえも感じます。報道機関のあからさまな印象操作に、動かされる視聴者も少なくありませんが、情報の取得手段が多様化した昨今は、印象操作を容易に見抜く人たちも増えてきました。

情報の信頼性といった点では新聞の右に出るものはないと思いますが、各紙論調が異なるうえに、世帯で何紙も取ることはできませんのでついつい考えが偏ってしまいがちです。一方ネットの場合は信憑性やソースに多少の問題はありますが、多様な視点を得られるという点では優れていると思います。年齢が下がるほど現政権の支持率が高いのは、得ている情報のソースの違いであるという見方かできると思います。

ただ、実際に蓋を開けてみないと分からないのが選挙です。自民党対野党連合に小池都知事や民進党の離党組による第三極も動きを見せています。怪気炎を上げる野党連合は恐らく勝てないように思えますが、自民党の傷がどれだけで済むのか、小池新党がどこまで議席を伸ばすのか、興味が尽きることはありません。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム