知っとっけ?ブログ 日記

「自分の言葉」で語らなければ説得力がないと思う


「校長先生」は言うまでもなくその学校の教職員の頂点に立つ人物。教育者という聖職に就く者たちをまとめ上げるだけの人望、人格、風格を持ち合わせていなければ務まるものではないでしょう。また、教育現場と言えども組織特有の不毛な権力闘争とは無縁の筈はなく、いち教員が校長という地位を手に入れるまでには血の滲むような苦い経験と修羅場を潜り抜けたに違いありません。恐らくそれなりに手を汚している人もいると思われます。

ただ、そんな「全校の尊敬を一身に集める」校長先生のお話が実に面白くないと思っている人は多いのではないでしょうか。少なくとも私の通う学校に君臨していた校長先生の多くは、決して話下手な方ではありませんでしたが、全校集会のお話などで心を揺さぶられたことはありませんでした。

校長先生の話はつまらない
校長先生の話はつまらない / masahiko


これはあくまで私の主観に過ぎません。話上手でかつその内容が面白い校長先生ももちろん沢山いらっしゃることは承知です。でも私の経験も含め、周囲からもよく聞くのです。「校長先生の話が面白くない」と。校長先生のお話がなぜ面白くないのか?それは、「学校講話大全」という話のネタ本があるからではないかと思うのです。

校長先生の仕事は生徒や保護者が見ているよりも遥かに多忙で、実際教育者らしく生徒と接することのできる時間はわずかです。にも拘わらず、生徒の前では校長としての威厳が求められるという冷静に考えれば無理難題を押し付けられているのです。それゆえに、校長先生が校長先生としての威厳を保つべく、十分に吟味された話のネタがこの本にはぎっしりと詰まっているのです。

しかしながら、学校講話大全のネタはあくまで借り物。校長先生が自ら体験したほどの臨場感を以って伝わってはこないのです。自身の言葉になるほど練習ができなかったのかも知れません。話の内容はきっと面白く、ためになることだったと思います。しかし、思い出そうとしても思い出せず、貧血で倒れる女子生徒が続出する校長先生のお話が、瑞々しさを感じないのは、間違いなく自分の言葉で語っていない説得力のなさに尽きると思うのです。もちろん校長先生には何の罪もないのですが…


「自分の言葉」で語らなければ説得力がないと思う


私たちは歴代の校長先生から「『自分の言葉』で語らなければ説得力を持たない」ということを痛いほど学んでいるはずなのです。これを自身の経験に当てはめれば、自分の言葉でない借り物の言葉で人の心を動かせたことがあったでしょうか。

ある商品を触れもせずに先輩や上司の見よう見まねで売ろうとしたって売れすはずはありません。それは、校長先生の話が面白くないことを野生の勘で見抜いたように、その商品知識が浅はかなことをお客様は当人が思う以上に鋭く見抜いているのです。

私が以前にお世話になって会社は社員教育に力を入れており、日をまたいで長時間にわたる研修会も実施するなど業界でもその名が知れ渡っていました。様々な講師の方々から受けるお話には新たな知己や気付きがあり、社会人としての私を形成した要素のひとつになていることは間違いありませんが、ある…といいますが、何名かの講師の方に見られる自身の講演の権威付けのために用いる「偉人の言葉」が出ると、却って講演の中身が軽くなってしまったような思いに囚われたものです。当人は決めゼリフを放ったかのようなドヤ顔なのですが、以降の話が私の頭に入っていかない経験をしたことがあります。

「偉人の言葉」が強力な説得力を持つのは言うまでもありませんが、使い方を誤れば、「自分の言葉」で語るという、聞き手にとって最も説得力のある手段を軽視してしまうことにも繋がりかねないのです。成功を手にしたのも壮絶な困難を乗り越えたのも、偉人の言葉ではなく、あなたが成したことなのです。だからこそ、自分の言葉で語ることに意味があるのです。









-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【仕事術】「やりゃあいい」という問題ではないと思うのだが…


「仕事のできる人」はどんな人のことを言うのでしょうか?全ての事柄においてスキルの高い人は間違いなく「仕事のできる人」なのでしょうが、往々にしてそういった人たちは不遇だったりすることも少なくありません。私が思うひとまずの回答は、「仕事のできる人は、会社や組織に自身を合わせられる人」のことを言うのではないでしょうか。

スタートアップ間もない企業では、不足条件の多い中で何とかやりくりできる人が「仕事のできる人」でしょうし、ワンマンと呼ばれる企業では「イエスマン」や「言われたことをその通りに実行する人」が「仕事のできる人」でしょう。クリエイティブ系なら、普段は不真面目極まりない社会人生活を送っていても年に数回、神懸かり的なアイデアを思いつく人ならばそれは「仕事のできる人」と呼ばれるに違いありません。

「ダメ社員」の烙印を押されていた人が、転職先で開眼する例が少なからずあるのは、求められる能力が組織によって異なり、転職先の「できる社員」像と当人の能力がマッチしていたと言えるのかも知れません。

大都会新宿
大都会新宿 / Norio.NAKAYAMA


社会人人生は、どの会社に入ったか、どの組織に属したかという運の部分も重要な要素を占めると思います。しかし、自分自身が実力をつけてその会社や組織なりでのしていくためには、与えられた仕事に対して、その目的や意義を理解し、ストーリーを仕立てていく、すなわち仕事に魂を込めなければならないと思うのです。

こういう仕事を命ぜられました。言われたとおりにやりました。これは最低限のレベルの仕事です。きっとAIが進化すればきっとコンピューターにやらせた方が精度の高い仕事をするでしょう。でも言った通りにやった結果、失敗した場合は、「言われた通りやりました、でも失敗しました」というのは「失敗したけど言われたとおりにやったから私は悪くありません」と言っているのと同じことです。

言われたことを言われたとおりにやるのは一見大事なことですが、機械的に行う仕事というより「作業」は、いざというときに責任を回避するための言い訳を用意しているに等しいのです。

与えられた仕事があるならば、その目的を理解し、どうしたら成功するか、少なくとも失敗を回避できるかを考え、成功までのストーリを描いて実行しなければ、期待以上の成果を上げることはできないでしょう。仕事は「やりゃあいい」という問題ではなく、それだけ魂を込めて成功させるかが大切なのです。

トップが何から何まで首を突っ込むようなワンマン企業では、「頭を使う」人は敬遠されたり攻撃対象になりがちで、愚直なまでに「言われたことを言われたとおりにやる」ことが美徳とされがちですが、「言われたとおりにやったけれどもできませんでした」なんて言おうものならそれはトップの顔に泥を塗ったも同じこと。ですからいかなる環境においても「やりゃあいい」だけで通用するわけではないのです。

仕事は何を最優先すべきかの選択を迫られる瞬間があります。それは納期なのかクオリティーなのか…、ですから時として「やりゃあいい」やっつけ感のありありの仕事をしてしまうこともあるでしょう。それが組織内であればカバーし合えますが、お客様相手の仕事だったなら、そのやっつけ感は即座に見抜かれてしまうでしょう。

組織は大きくなったり、時間が経ってしまうと、案外こうした「やりゃあいい」仕事する社員が蔓延しがちです。経営陣がそれに無自覚ならば問題ですし、「駒」として割り切るならばそれは有効策かも知れませんが少なくとも会社の成長に寄与する人材とは言えないでしょう。自分の仕事に魂を込めているか、やっつけになっていないか、強烈に自覚を持っていきたいものです。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【5.28日本ダービー】競馬場の席取りは最小限に!


5月は春の競馬シーズンとされ、5月から6月にかけては4週連続で東京でGIレースが開催されるなど、好きな人にとってはまさしく「たまらない」時期になります。競馬も「ギャンブル」という括りで見てしまえばネガティブな意見も上がりそうですが、実際競馬場に足を運べば、かつての殺伐としたイメージはなく、女性や家族連れでも楽しめるテーマパークのような作りになっています。

2017060402.jpg

近年は「日本にもカジノを」ということで議論されているようですが、今のところ頓挫しそうな雰囲気です。反対派の大部分が挙げるのが治安の問題や、ギャンブル依存症の問題です。競馬の場合は公営ギャンブルですが、府中の治安が悪いなどという話は聞きませんし、大部分の人たちが節度をもって競馬を楽しんでします。その点で見れば、カジノができてもそれなりになるのかな…というのが私の意見で、依存症の人はそれがカジノや競馬じゃなくても何かに陥る人ですし、法で縛ろうとも現れるだろうと思います。

それはともかく、私自身は競馬は正直さっぱり分からないのですが、数年前立ち寄った東京競馬場の雰囲気に魅せられてGIレースがあれば時々足を運ぶようになりました。行くたびに数百円使って一喜一憂するレベルですけれど…。

2017060403.jpg

スポーツ新聞やテレビなどのメディアの盛り上がり、競馬好きの人の熱いトークなど、ギャンブルにありがちな「運」だけがが左右するのではなく、馬や騎手、レースにもそれぞれ物語がありそれが個々の思い入れと相俟って、知れば知るほど深みが出てくるようです。そしてもちろん勝負は筋書きのないドラマ。レース本番はそう思ったようにならないのが現実。そこもまたドラマなのです。

何だか訳の分からない話になっていますが、依存症になったり生活が破綻を来すようなギャンブルは論外ですが、節度をもって楽しむ分にはとても高度な知的活動だなというのが私の感覚です。


5/28 日本ダービーを観戦、人数以上の「席取り」に辟易


2017060401.jpg

という訳で、5月28日の日本ダービーを観戦してきました。午前中に中央フリーウェイを挟んで反対側にあるサントリー武蔵野ブリュワリーの工場見学の予約が取れましたので、工場見学→プレミアムモルツ試飲→日本ダービーの流れで東京競馬場に入りました。

さすが競馬界最高峰レース。出走まで5時間もあるのに足の踏み場、少なくとも腰を下ろせる場所はありません。席は人と、席取りの新聞やカードで埋まっており、私たちのように遅くに来たものは、係員の「敷物の撤去」のタイミングを見計らって立見席のスペースを確保するしか手段がありませんでした。

日本中の競馬ファンが注目するイベントですし来場者は15万人。窮屈なのは覚悟の上でした。ですので、実際レースが始まるとその盛り上がりはまるで地響きがするほど大きなものでした。

しかし、気になる点が一点。以前からも思っていましたが、メインレースが始まっても、席取りをしたまま主の戻らない席が多数。レース中は立見席はまるで満員電車状態ですし、通路さえもぎっしりと埋まります。しかし、主の現れぬ席はそのまま空席。座席に色がついていればきっとテレビでも空席が目立つのを確認できたのではないでしょうか。

その原因は、私が見た範囲では「人数以上の席取り」をしている先客の姿でした。お友達が来るかもしれないなど事情があるのならまだ理解できますが、多量に席取りした団体の主と思しき人は、立見席や通路が混雑する中、お構いなくスマホ操作に夢中。立ち見にはお年寄りもいますので、気の毒に思えました。

こんな人は少数だと信じたいですが、意外と多く遭遇するのが現実。でも、これだけの席を確保するには開門よりも遥か早い時間に並ばないと不可能です。きっと、早起きしてやっとの思いで確保したに違いありませんし、昼過ぎにやってきて座ろうと思う人間など彼らにとっては「ケシカラン」輩に違いありません。

2017060404.jpg

でもね。やっぱり、人数を大幅に超えるような席取りはやめて欲しいと思います。あと、立見席の「敷物の撤去」もしていますから、座席でも同じくらいの実力行使があっても良いと思います。でなれれば自由席も全席指定にして…コストが見合わないか。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


「母校がなくなる」ということ



つい先日、私が卒業した小学校が統廃合により消滅することを知りました。卒業してからちょうど30年が経っているとはいえ、母校であることには変わりなく、とても寂しい思いをしています。

この小学校は、当時は街のはずれに開発されたニュータウンにできた新設校。私が小学校2年生の時に転入した頃には校舎はまだ未完成で、3年生のときには図工室をべニア板で仕切って3組と4組に分かれていました。3組で図画や習字の作品をその板に画鋲で留めようものなら、4組の壁にその針が突き抜ける有様でした。のちに校舎は完成したもののプールができたのは私が卒業してから。いわゆる「カラーテスト」と言われるものは、なぜかわら半紙に印刷したもので、よく削られた鉛筆やシャープペンシルでも使おうものなら紙に穴をあけてしまうほどでした。当時から市の財政が厳しいと言われていましたが、校舎の新しさとは裏腹に設備は悲しいほど整っていなかったことを記憶しています。

市川学園旧校舎
市川学園旧校舎 / naosuke ii


これだけ時間が経っていながら、楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、今でも腹立たしいこと、思いが尽きることはありません。この濃密な時間に経験したことは、私の人格形成に多分な影響を及ぼしていることは間違いなく、よくも悪くもその小学校が私という人間を形作ったと言っても過言ではありません。

そんな母校も、私のような団塊ジュニアのピークの世代は溢れんばかりの1学年4クラス。児童数も900名近かったと思います。今は、1学年1クラスを維持するのがやっとのようです。それならあの校舎なら持て余すでしょうし、私が所属していた少年野球チームや、当時熱をあげていたサッカー少年団は試合が成り立つのがと心配になってしまいます。これからさらに生徒数が減るのは目に見えていますし、たかだか100名の生徒のために、1,000名のキャパのある校舎を使うのは財政的にも大赤字ですので、統廃合が検討に上がるのは当然のことと言えます。

学生時代の思い出は、多くの人にとっては人生の宝物。当然のことながら母校愛もその宝物のひとつです。しかし、そんなエモーショナルなことばかりも言っていられないのが現実。残された子供たちが通学にかかる負担をできるだけ緩和するような方策を考えていただきたいと思います。

高度成長期に、こぞって作られたニュータウン。私が、20代前半の時期を過ごした多摩ニュータウンは、90年代後半から街の高齢化が進み、同時に小中学校、高校の統廃合が進みました。ですから、出身の幼稚園から高校まで統廃合でなくなってしまった人もいるほどで、私自身は「大変だな~」と思いつつも何か他人事のように思っていました。しかし、それが今、私ごとになろうとは…。

私が所属した小学校は、そのまま全てが同じ中学校に持ち上がります。その中学校も統廃合されるようですが。しかし、私は受験したため別の中学校に進学しましたし、その2年後に別の場所に引っ越してしまいました。ですから、当時の同級生とはほぼ音信不通ですし、今までの間に「●●周年記念式典」があったかも知れませんがまったく分かりません。将来同窓会があったとしても私の連絡先を知る人はいないと思いますので、これからも、当時の思い出を語り合うことはないでしょう。

でも、やっぱり母校であることには変わりありません。これから日本も人口減が急速に進み、学校の統廃合は進んでいくでしょう。きっと、母校がなくなる人が続出することは間違いありません。寂しいですがそれが現実。学校がなくなっても思い出や人のつながりが消えることはありません。本来はそれを大事にするべきだったのですが、疎かにしてしまいました。ちょっと後悔しています。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【野川桜ライトアップ2017】一夜限りの輝き



4月12日、調布市を流れる野川の桜並木がライトアップされ、一夜限りの輝きを放ちました。
野川は、護岸とサイクリングロードとが整備され、休日は散歩やランニング、野鳥の撮影などを楽しむ市民で賑わいます。もちろん、都心からやや離れていますで、程々な感じですが、それがまた愛される理由なのではないでしょうか。

そんな野川も春になると樹齢50年を数える桜並木が鮮やかに咲き乱れ、知る人ぞ知る桜の名所になっています。その野川が、映画の街調布に居を構える照明会社「アーク・システム」のご厚意により一夜限りの桜のライトアップが開催されます。

京都の寺社仏閣の趣あるライトアップとは異なり、さすが照明会社、強力なライトでえげつない程に桜を照らします。18時から21時までのたった3時間、野川の桜並木は600メートルにわたってまばゆい光を放つのです。

最寄り駅となる京王線国領駅、柴咲駅は、普段は各駅停車しか止まらない駅ですが、この日ばかりは一年でもっとも賑わうと言っても過言ではありません。

この一夜限りのライトアップは、満開の日を狙っての一夜限りの開催。開催日も2日ほど前に告知というまさに「一発勝負」のイベントです。機材の確保や設置、警備体制の確立など、多くの関係者が急ピッチで準備を行います。本当にありがたい限りです。
今年は3月22日に開花宣言が発表されて以来、冷え込みが厳しくなったり荒天に見舞われるなどタイミングを見極めるのが例年以上に大変だったと思います。4月12日も満開をやや過ぎてはいましたが、野川の桜たちも何とか持ちこたえ、風が吹くと舞い散る桜吹雪に場内からは歓喜の声が上がっていました。

さいごに、当日の感動が伝わりにくいですが、撮った写真の一部をご紹介していきます。

2017041701.jpg

2017041702.jpg

2017041703.jpg

2017041704.jpg

2017041705.jpg

2017041706.jpg










-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム