知っとっけ?ブログ やずや

やずやの雑穀畑ダイエットプログラム第4弾!

7月15日、やずやのセミナー以降、雑穀畑のダイエットプログラムに参加しています。
猛暑もだった夏も終わり、時折暑い日もありますが、9月に入って大分過ごしやすくなりました。暑いときはさすがに食欲も減退し、その関係でついつい栄養バランスが偏りがちになりますが、やずやの雑穀畑&体がよろこぶスープ5種のお蔭で夏バテすることもなく、何とか乗り切ることができました。

CIMG1394.jpg

しかし、9月に入って涼しくなると、俄然食欲が増してくるようになります。これは、秋が多くの食物の収穫の時期であることと、冬の厳しい寒さに耐えられるよう脂肪を蓄えていた動物時代の遺伝子を人間が引き継いでいるからなのでしょうか。

いずれにしても、秋はただでさえカロリーオーバーの危険性に晒される時期になることは間違いありません。ですので。やずやの雑穀畑を食事に取り入れることはストレスなく摂取カロリーをセーブして体形を保つ、あわよくば体重を減らすために、とても優れた方法であると考えます。

ただ、やはりダイエットメニューですし、極端に低カロリーですから、食後の満足感は高くてもすぐに空腹を感じてしまいます。夏は汗をかきますので、その分水分補給を頻繁に行う関係でさほど空腹を感じずにいましたが、秋になるとストレスになるほどの空腹を感じるようになりました。こんなときについつい間食を、特に甘いものなどを取り過ぎてしまうとあっと言う間に体が膨れていきます。


100_1016 / misawakatsutoshi


これまでも述べてきましたが、私は別段ダイエットを目的にしているわけではありません。このプログラムを通じて食生活を改善し、結果として体調が良くなったり、体重が減ればいいな、というくらいの感覚でいます。実際腰回りの贅肉は落ちてきたように感じますが、その効果は、やずやの雑穀畑や、その他の食事、そして運動などの様々な要素が複合して起こったことだと考えます。

ですので、ダイエットも食生活の改善も、できるだけ「ストレス」を感じないことが大事だと思います。階級別競技が試合に向けて行う減量は過酷を極めます。ボクシングではチャンピオンは相手に負けるのではなく減量に負けるという言われがあります。つまり、ストレスのかかる減量は体に負担をかけるどころか、体の防衛本能に働きかけますます体重に減りにくい体を作ってしまうのです。その元凶となるのが「ストレス」なのです。

CIMG1399.jpg

やずやの雑穀畑、体がよろこぶスープは極めて満足度の高い製品ではありますが、3日から4日に一度くらいは、アレンジメニューを取り入れて、少し大目にエネルギーを摂取することをお勧めします。その方が、心身にストレスがかからず、このプログラムを継続していけると思うからです。

2011年9月15日付のブログでは、やずやの雑穀畑の親子丼を紹介しました。(下の写真)

yaz3.jpg

今回は残りの具材を使って更なるアレンジを加えてみましたのでご紹介します。

アレンジメニュー


先に紹介した親子丼は、ちょっと張り切り過ぎて具材を多めに作ってしまったため、残りは翌日に持ち越すことにしました。しかし同じものを2日連続で食べるのは、私的にはOKですが、ちょっと味気ないような思いがしました。

親子丼の具は、鶏肉、卵、玉ねぎが主なものですから、トマトと一緒に煮込んでイタリアンな感じがいいかなと思い。再び鍋に移して少し煮込んでみました。
そして完成したのが…

yaz4.jpg

やずやの雑穀畑は完全にトマトで煮込んだ親子丼の下に埋もれています。基本は先日も紹介した親子丼なのですが、トマトの香りと酸味が加わっただけでこんなに変わるか!と思うほどイタリアンな風味を運んできてくれます。

そしてトマト風味の効いた具材の汁を吸ったやずやの雑穀畑は「おかゆ」?いやリゾットのように雑穀の風味を保ちながら柔らかく溶け込んでいました。

今さらですが、やずやの雑穀畑は、お米と合うメニューは全てに応用できるような確信が湧いています。体がよろこぶスープもこれでご飯が食べられそうですし、アレンジメニューも元々はご飯と一緒に食べるためのものです。

ですから、ご飯一杯分のカロリーがやずやの雑穀畑で置き換えられるだけでも、栄養バランスを保つあるいはそれ以上のバランスを提供しながらカロリーを抑えられますから、それこそ「ストレスなきダイエット」に十分に活用できると考えます。

今後もやずやの雑穀畑ダイエットプログラムの最中、あくまで「無理なく」「ストレスなく」が基本に、気長に経過を見守っていきたいと思っています。












-----------------------------------------------------------------
よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

やずやの雑穀畑ダイエットプログラム第3弾!

CIMG1394.jpg

7月15日、やずやのセミナー以降、雑穀畑のダイエットプログラムに参加しています。
今夏は猛暑と節電にどのように付き合っていくか、まさに日本人の知恵が問われた夏だったと思います。昨年までは、ガンガンエアコンで部屋を冷やす習慣にどっぷり浸かっていましたが猛暑と言えどもエアコンをそれほど使わなくても乗り切れることが分かりました。案外猛暑と言っても本当に暑い外に出る時間は限られています。それ以外はエアコンの効いた室内にいるわけですから、今年こそ久しぶりに「夏の本当の暑さ」を改めて実感できた夏だったのかも知れません。


Sun.Flower / photo.jhassy


真夏は台所に立って火を使う時間を極力短くしました。でなければ料理をしている間に汗だく、疲労困憊してしまいます。ですので、少しのお湯を沸かして食べられるやずやの雑穀畑と体が喜ぶスープは有難かったです。
やずやの雑穀畑は2枚で80キロカロリー、体がよろこぶスープは5種類のスープが入っていますがどれも低カロリーです。

1.ほうれん草のポタージュ  82kcal
2.クラムチャウダー     77kcal
3.タイ風カレースープ    92kcal
4.五目スープ        25kcal
5.豆乳鍋風スープ      66kcal



ガスコンロのような / snoozer05


真夏の室内は朝起きた時点で30度を超えていますから、眼が覚めた瞬間、猛暑に晒されるわけです。その中で、ただでさせ栄養のバランスが崩れがちな夏に、朝食として手早く、しかも栄養バランスの整った食事を採れることは、夏バテ防止に効果を発揮します。
この生活を始めてから1か月半、やずやの雑穀畑が直接作用したのかは何とも言えませんが、腹回りの贅肉が少し落ちたような気がします。何だかスッキリしたような印象です。やずやの雑穀畑でカロリーコントロールができていることとで、昼、夕の二食は別に気にせず食べていてもカロリー収支がイーブンあるいはマイナスになっているのだと思われます。

アレンジメニュー


9月に入ると朝夕は大分涼しくなり、日中は30度を超えることはあっても真夏の30度と比べると体感温度はかなり低くなっていると思います。自宅近くの川沿いに南北に伸びているサイクリングロードには街路樹から落ちた葉がところどころに散らばっています。空には鰯雲がただようようになりました。もう秋なのですね。東日本大震災以来、この夏をどう乗り越えるか、つまり電力を如何にショートさせずに乗り切るかとうのが懸案でしたが、東電管内は人も企業も力を合わせてこの夏を乗り切ったのですね。


Sankeien Garden in Autumn : 三溪園の秋 / naitokz


大分涼しくなると、食欲も戻ってきます。学問の秋、読書の秋、食欲の秋などと言われますが、秋は気候も穏やか、作物も収穫の時期を迎え、何をするにも最適な季節というのが秋なのでしょう。

私のやずやの雑穀畑生活も、慣れと言うのか、時にはもう少ししっかり食べたいなと思うようになりました。いかに美味しく食べられてもカロリーが格段に低いわけですから、やはり時間が経つと空腹感が襲ってきます。夏の時期は、水分も多くとるので空腹感はさほど感じませんでしたが、涼しくなると、空腹感が我慢のレベル、つまりストレスとなることも出てきました。

このシリーズでも何度か述べてきていますが、やはりダイエット(と言っても私はそれを目的にはしていませんが)にストレスは大敵です。ですので、アレンジメニューを作ってみることにしました。

ひと口大に切った鶏肉を、玉ねぎと一緒に、みりん、しょうゆなどで整えたスープと一緒に煮込みます。

yaz1.jpg

そして卵を入れてほどよく火を通しかき混ぜます。
雑穀畑の上に具をかけると。

yaz2.jpg

やずやの雑穀畑の親子丼が完成しました。

yaz3.jpg

味はもちろん親子丼。雑穀が具の水分を吸って柔らかくなると、米と近い食感に雑穀の香ばしい香りを感じることができます。

基本、やずやの雑穀畑は体が喜ぶスープと合わせて超低カロリー食を食べていくのが最良なのでしょうが、やはり「食欲の秋」ということもあり、腹が減るものは減ります。ですので、上記のようにアレンジメニューを時々加えていくことでダイエットもストレスなく続けていけるのではないでしょうか。

次回は月末くらいに今回紹介したアレンジメニューのアレンジメニューをご紹介したいと思います。

今後もやずやの雑穀畑ダイエットプログラムの最中、あくまで「無理なく」「ストレスなく」が基本に、気長に経過を見守っていきたいと思っています。














-----------------------------------------------------------------
よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






やずやの雑穀畑ダイエットプログラム第2弾!

7月15日、やずやのセミナー以降、雑穀畑のダイエットプログラムに参加しています。今夏は台風やゲリラ豪雨に見舞われたこともあり数字上はさほど暑い夏ではないようですが、東日本大震災の影響で節電を心掛け、エアコンの使用を控えていることもあり、例年以上に猛暑を実感しています。

夏に食べるものと言えば何でしょうか?
「素麺」「冷やし中華」「ざる蕎麦」など比較的手軽に調理ができ、涼しさを感じる料理でしょうか。それとも、「夏こそスタミナ食」と言うことで、焼き肉や生姜焼きなどの肉料理でしょうか。

前者では、炭水化物中心の食事となり気を付けなければ栄養のバランスが悪くなり、食べた時の涼感とは裏腹に、夏バテを助長してしまうことにもなりかねません。また後者のスタミナ食は、必ずと言ってよいほどカロリーオーバーのリスクを伴います。夏を乗り切るために体力をつけよう!という目論見のはずが夏が終わると丸々と膨らんでいたということもあり得ます。


炭火焼肉 / yto


私の感覚では、夏になると空調の極端に効いた室内と炎天下の屋外への出入りのため、必ずしも「体調がいい」とは言い切れません。そうすると食欲が奪われてしまいます。とすると、ついついアイスクリームやシュークリームと言った口当たりの良いものを食べたくなってしまいます。時にスイーツを美味しくいただくことは精神衛生上大切だとは思いますが、回数が増えてしまうとカロリーオーバーです。


ガリガリ君 / Yuya Tamai


やはりこういった場合に有効なのは、やずやの雑穀畑ではないかと思います。
まず第一にお湯に溶かすだけで手間なく作れますし、食欲のないときでも無理することなく食べることができます。

結果的に栄養不足、栄養過多、バランス不良に見舞われやすい夏の食生活も、無事に乗り切ることができるのです。前回も述べたように、私はやずやのダイエットプログラムと言っても体重を落とすことを大きな目標にはしていません。美味しいものを美味しくいただくために、きちんとカロリーコントロールをし、体重が落ちれば儲けものという考え方です。
しかし、やずやの雑穀畑を一食取り入れることで、一日三食全体のバランスが改善し、それが日常生活の活力につながればいいと思っています。
食生活の改善が、健康の維持、増進につながることを目的としていますから、こういった生活を習慣とし、それが食生活の賜物であると心から実感できるまでは続けなければならないと考えています。

プログラム



株式会社やずやのダイエットプログラムでは、次のようなものが送られてきます。

CIMG1394.jpg


雑穀畑とやずやの体がよろこぶスープです。
このスープをお湯に溶かし、雑穀畑を付けて食べます。雑穀畑ひとつが2つで80キロカロリー。スープはすべて100キロカロリー以下。まるまる食べても200キロカロリーも行きません。普通の食事の3分の1から4分の1のカロリーです。

CIMG1399.jpg


体がよろこぶスープは5種類のスープが入っていますがどれも低カロリーです。
1.ほうれん草のポタージュ  82kcal
2.クラムチャウダー     77kcal
3.タイ風カレースープ    92kcal
4.五目スープ        25kcal
5.豆乳鍋風スープ      66kcal


この類を、朝食に取り入れることにしました。
今回は、その中からクラムチャウダーを食することにしました。
例によってお湯にスープを溶かし、雑穀畑を入れて食べます。クラムチャウダーと言えば、体を温める、どちらかと言えば寒いときに食べるものだと思いますが、ダイエット食ですので思いのほかサラサラしているだろうと思っていました。しかし、意外ととろみがあるのには驚きました。また、ミルキーな甘みと海の幸のエキスがしっかりと出ており、満足のいくレベルだったと思います。

yazuya2-1.jpg

yazuya2-2.jpg

ですが、やずやの雑穀畑もアレンジメニューによって面白くなるといいますし、最近は「ちょいのせ」なども流行っていますから、冷蔵庫にあったとろけるスライスチーズを乗せてみました。

yazuya2-3.jpg

こうすると結構、ボリュームがでるものですね。たかがチーズ1枚、されどチーズ1枚です。料理も何も考えずに食べればエサも同然ですが、こうして食べればチーズ1枚のパワーも感じることができます。私自身も「食べる」という行為のあり方も考えなければならないと感じました。

やずやの雑穀畑ダイエットプログラムの最中、まだまだ体重の変化や、食事のバランスの改善による体調の変化は見られません。ですが、あくまで「無理なく」「ストレスなく」が基本ですから、気長に経過を見守っていきたいと思っています。












-----------------------------------------------------------------
よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






やずやの雑穀畑ダイエットプログラム第1弾!

7月15日、やずやのセミナー以降、雑穀畑のダイエットプログラムに参加することにしました。ストレスなくダイエットを成功させるには?(2011.07.31)でも述べたように、飽食の時代、普通に食べているだけでもカロリーオーバー、少し気を抜くと肥満への道へとまっしぐらです。しかし、かと言って、食欲を我慢してまでダイエットに励むには、ストレスもかかりますし、緊張の糸が切れた途端にリバウンドが起こっても不思議ではありません。


100_1014 / misawakatsutoshi


また、ダイエットは何度もトライするにしたがって身体の防衛本能が働き、体重が落ちにくくなることは良く知られているところです。極端な例ですが、ボクシングの選手は、「試合に負けるのではなく、減量に負ける」と言われています。具志堅用高さんのような稀代の天才でなければ、防衛を続けている間に減量によって体がダメージを受けていくのです。

ですので、あくまでストレスをためずにカロリーコントロールができ、かつ栄養が偏らないことが大切だと思います。ダイエットの問題点として栄養のバランスが悪くなることも挙げられます。若い頃ならともかく、中年以降になれば栄養のバランスが崩れれば成人病のリスクが高まることは言うまでもありません。

そこで、眼を付けたのはやずやの雑穀畑です。とは言ってもこれまでの人生で健康食品など無縁な生活をしていましたので、株式会社やずや様のセミナーに参加して、ある程度理解を深めたうえで、ダイエットプログラムに参加することにしました。

yazuya00.jpg

正直な話、ダイエットと言っても、私自身は体重を落とすことを大きな目標にはしていません。美味しいものを美味しくいただくために、きちんとカロリーコントロールをし、体重が落ちれば儲けものという考え方です。
しかし、やずやの雑穀畑を一食取り入れることで、一日三食全体のバランスが改善し、それが日常生活の活力につながればいいと思っています。

プログラム開始


株式会社やずやのダイエットプログラムでは、次のようなものが送られてきました。

CIMG1394.jpg

雑穀畑とやずやの体がよろこぶスープです。
このスープをお湯に溶かし、雑穀畑を付けて食べます。雑穀畑ひとつが2つで80キロカロリー。スープはすべて100キロカロリー以下。まるまる食べても200キロカロリーも行きません。普通の食事の3分の1から4分の1のカロリーです。


体がよろこぶスープは5種類のスープが入っていますがどれも低カロリーです。
1.ほうれん草のポタージュ  82kcal
2.クラムチャウダー     77kcal
3.タイ風カレースープ    92kcal
4.五目スープ        25kcal
5.豆乳鍋風スープ      66kcal


この類を、朝食に取り入れることにしました。早速、この中の五目スープを食することにしました。

CIMG1401.jpg

CIMG1407.jpg

これまで朝食はがっちり食べる方でしたので物足りなく感じると思いましたが、雑穀畑は予想以上にボリュームがあり、ダイエット食ということで味気なさが心配された五目スープも塩味がよく効いておりとても満足のいく食事でした。

やずやの雑穀畑ダイエットプログラムはまだ始まったばかりで、体に目に見える変化は出ていません。しかし、カロリーの低い食事をするわけですからダイエット効果は期待できますし、雑穀に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維がもたらす美容効果も見逃すことはできません。のちのちその効果も出ているかもしれないので、このブログを通じて報告したいと思います。









-----------------------------------------------------------------
よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






ストレスなくダイエットを成功させるには?(7.15やずやセミナーにて)

健康を保つうえで大切になるのは、何といっても日々の生活習慣です。バランスの良い食事と適度な運動、加えてストレスと上手に付き合っていくことが肝要です。しかしながら、飽食の時代、世の中には見るだけで笑顔がこぼれてしまうような「おいしい」食べ物に溢れています。それこそ、食べるのを我慢するのがストレスになってしまいます。得てして美味しいものはハイカロリー、ほんの少し口にしただけでもかなりのエネルギー摂取となってしまいます。

「気をつけろ そのひと口が ブタになる」

少し気を抜けばカロリーオーバー、体重増加、肥満、健康リスクの上昇という悪循環に陥ってしまい、ただでさえ、になりがちな環境に生きている私たちが求めているのは、美味しくて十分な栄養が採れ、しかもカロリーの低い食品です非常に傲慢で、都合のいい考え方かもしれませんが、それこそ飽食の時代にダイエットを成功させ、体重を維持し、しかもストレスを貯めない理想の食品だと言えるのではないでしょうか。


100_1016 / misawakatsutoshi


そんな中、7月15日、株式会社やずや様が主催するセミナーに参加する機会に恵まれました。やずやと言えば、CMでもお馴染みの雪待にんにく卵黄のイメージが強く、健康食品を扱っている会社なのだろうという印象を持っていました。セミナーで話を聞いて、商品開発への強い拘りと、商品への愛情が伝わってきました。従来、健康食品と言えば、青汁に代表されるように「まずい」のが当たり前であり、良薬口に苦しと言われるように、我慢で健康を買っているかのようなイメージがありますが、それをいかに美味しくするか、いかに楽しくするかという工夫が伺えました。

yazuya01.jpg


その代表例として、やずやの雑穀畑を試食することができました。
「雑穀畑」は玄米に雑穀をブレンドしてビスケット状に焼き上げたもので一箱2枚入り。その2枚で80キロカロリー。それを様々なアレンジメニューで美味しく、しかも飽きずにダイエットを実現させようというものです。
私自身、別段ダイエットに執着はしておりませんが、ただでさえカロリーオーバーですから、1食置き換えてもいいかな?という気になるほどボリュームがあって美味しい料理でした。

まず最初に出てきたのは。雑穀畑&ほうれん草のポタージュです。

yazuya1.jpg

雑穀と聞くと中には「エサ」のような響きを感じる方もいるかも知れませんが、噛むほどに香ばしさが口の中に拡がり、サクサクした状態で食べても、スープに浸して食べても美味しかったです。意識的に良く噛んで食べるようにすると、雑穀の香り、ほうれん草の香り、ポタージュの香りがマッチされて腹を満たしてくれます。

次は、雑穀畑のクリームチーズハチミツ(写真左)、雑穀畑でお手軽!お好み焼き風(写真右)です。

yazuya2.jpg

雑穀畑のクリームチーズハチミツは、クラッカーにクリームチーズを付けて食べるのと同じように、クリームチーズの味と雑穀畑のサクサク感がマッチし、ハチミツの甘みがこの二つをうまくまとめてくれています。
この時点で、2食いただきましたが、まだ茶碗一杯分のカロリーすら摂取していません。ですが腹はいっぱいです。もう一品の雑穀畑でお手軽!お好み焼き風は何とか食べきった感じです。
味の方は、雑穀畑はお好み焼きのソースや青のり、鰹節ともよく合うことが分かりました。考えてみれば、お米やパンがどんなおかずにも合うように、雑穀畑も同じように様々な料理にアレンジできることが分かりました。


ただでさえ、カロリーオーバーになりがちな世の中ですので、ダイエットや健康維持のためにも、雑穀畑で置き換えするのもありかな?と思うと共に、自身の食生活のあり方を考えさせられるセミナーでした。








-----------------------------------------------------------------
よろしければクリックお願いします。励みになります。

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム