知っとっけ?ブログ 【iPhone】天体観測に便利なアプリ「星座表」
FC2ブログ

【iPhone】天体観測に便利なアプリ「星座表」


2014年7月29日、みずがめ座流星群がピークを迎え各地で流れ星が観測されたそうです。普段はそう関心を示さない私もこの日ばかりはベランダに出て夜空を見上げていました。
あいにく私が住んでいる地域は薄いモヤがかかっており、街の明かりがそれに反射して空はオレンジっぽい色がかかっていました。目を凝らせば何とか星は見えてくるのですが残念ながら流星に出会うことはできませんでした。

多くの人にとって宇宙や星について学ぶのは中学生くらいまで。あとはロケットや衛星の打ち上げが報道されるのを目にする以外はそう触れることはありません。小さいころは12星座を習ったり、七夕になると彦星と織姫の物語に思いを馳せたりと宇宙は私たちの生活に密接にかかわっていた筈なのですが…。

古代の人たちは星の動きから暦を考え出しました。現在日本で採用されているのは太陽の動きを基準とした太陽暦、かつての旧暦(太陰暦)は月の動きを基準としていました。また、星占いや星座なども先人の知恵から生まれたものです。私たちは古代人が思いを馳せたのと同じ星空を見ているわけですが、折角ならば時々は古代人が馳せた思いを共有したり、無限に広がる大宇宙について考えてみたりした方がロマンがあるというものです。

しかし、天体観測ともなるとどうもピンとなる書籍が見つからない。というのが正直なところでした。星の並びで○○座という説明がなされていても、どうも星の位置と名称が結びつかない。あるいは●の空に見えると言っても、あまりに漠然としていて見つけられなかったり…。

そんな中、知人から教えてもらったのが星座表というアプリでした。

2014080301.jpg

このアプリは基本版は無料。流星群や彗星なども拡張機能を使う場合に課金されるシステムになっていますが、無料の範囲でも十分素晴らしいと思います。
何が素晴らしいかというと、スマホをかざした方向の空の星座が画面に現れるのです。

2014080302.jpg

写真は南の空にスマホを向けた際のスクリーンショットです。
画面下のラインは水平線。拡大縮小も自由自在です。これがあれば星座の位置も見つけられますし、どの星座がどういった星で構成されているかも一目瞭然です。

2014年はこの後も

8月11日(月) スーパームーン
8月13日(水) ペルセウス座流星群
8月18日(月) 金星と木製の接近/はくちょう座κ(カッパ)流星群
8月26日(火) 火星と土星の接近
9月28日(日) 土星食
10月8日(水) 皆既月食
10月9日(木) 10月りゅう座流星群
10月19日(日) サイディング・スプリング彗星火星に接近
10月22日(水) オリオン座流星群
10月24日(金) 部分日食
11月6日(木) おうし座南流星群
11月13日(木) おうし座北流星群
11月18日(火) しし座流星群
12月14日(日) ふたご座流星群
12月23日(火) こぐま座流星群

と天体イベントが盛り沢山。ぜひこのアプリも活用いただき天体観測を楽しんでいただきたいと思います。

そう言えば、現在、幕張メッセで<a href="http://www.space-expo2014.jp/">SPACE EXPO 宇宙博 2014 | NASA・JAXAの挑戦が開催されています。そう言えばお台場が有名スポットになる遥か昔、有明13号地で開催された1979年の宇宙博のとき、私は水疱瘡に罹ってお留守番。悔しい思いをしたのを幼心に記憶しています。35年ぶりにリベンジってのもありかな、とも思っています。




-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

星座 観測 アプリ

星空の観測アプリはこれだけではありませんね

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム