知っとっけ?ブログ 清原和博容疑者逮捕について思うこと

清原和博容疑者逮捕について思うこと


2月2日、ニュース速報で流れた「清原和博容疑者逮捕」は、非常にショッキングであると同時に「やっぱりか…」という相反する感情が交錯した大きな出来事でした。2016年に入ってワイドショーを賑わせてきた「ベッキー不倫」「SMAP解散」の騒ぎが全て打ち消されるほどのインパクトで、一週間を経た現在でさえもその話題は尽きることはありません。

KK Combination
KK Combination / johnnyjiang


清原選手は、高校時代から「甲子園は清原のためにあるのか!」と言わしめたほどの才能にあふれた選手。高校時代は春夏5度出場中2度の全国制覇、通算13本塁打は未だに破られていません。清原、桑田のKKコンビのPL学園以降、更新では数々の名選手や名勝負が生まれましたが、私自身の感触では、あのPL、あの清原桑田を超える逸材をまだ見てはいません。
その後、因縁のドラフトを経て、意中の巨人ではなく、西武ライオンズに入団した清原選手は、1年目から4番に座り、西武の黄金時代の中心選手として大活躍しました。王、長嶋を超えるとすれば清原しかいないとまで言われたその輝きは西武黄金時代の終焉とともに失われていったようです。

現役時代後半には念願の巨人への移籍、オリックスで選手生命に終止符を打つまで、積み重ねた安打は2122本、本塁打は525本。数字だけ見れば大選手と呼ぶに相応しい堂々とした成績ですが、無冠の帝王と呼ばれていたこともあるように、高校時代や西武黄金時代の輝きを知る者にとっては少々物足りない成績であった感は否めません。

清原選手が野球選手としての転機は念願の巨人移籍だったでしょうか。ケガが相次ぎ、肉体改造をしても増量がかえってケガを招く皮肉な結果となり、思うような結果を残せなかったことは残念でした。清原選手自身も不本意だったでしょうが、清原選手の高校時代と全盛期を知るファンの方がもっと悔しかったのではないでしょうか。清原選手は心ないファンのヤジに傷ついたというコメントを残していたようですが、その真意は「清原はこんなタマではない」からこその言葉であったはずです。
選手としての下降線を辿ったのは、やはり「夜の三冠王」と呼ばれていたほどの不摂生の積み重ねの結果でしょうか。健康を害して自らの不摂生を反省した結果、長く現役を続けられた工藤公康投手とは正反対の結果となってしまったことが残念でなりません。これまた、選手としては一流で、遊びも半端ではなかった昭和の一流選手の最後の生き残りが清原選手だったのでしょうか?
いずれにしても、現役後半の清原選手は、風貌も近寄りがたく、誰も何も言えない存在になっていたようです。

IMG_0974
IMG_0974 / Andrew_D_Lin_HY


いくら才能に恵まれていても、すべてがうまくいく人間なんて極々少数です。清原選手がもし巨人軍に入団していれば運命も変わったのかも知れませんが、西武に入ったからこそあれだけの結果を出せるモチベーションを維持できたという見方もあります。しかし、西武は次世代のプロ野球界を担うスーパースターの入団に、オーナーでさえも腫物を触るように甘やかしたという話もあるようです。結局、若い頃に甘やかされたツケが現役時代後半の尊大な態度に繋がったのかも知れません。

スポーツ選手だけでなく有名人になって、名前も知れるようになるとカネの匂いを嗅ぎつけて寄ってくる人がいるのは定石。そこいかに自己を律することができるかが、それからの人生の成否を決すると言うのはよくある話です。清原選手はそれこそ「別格」のスーパースター。若いころからチヤホヤされた人ならばそこでコロッといってしまうでしょうし、巨人ファンの厳しい評価に晒されていれば、なおさら甘い言葉には乗ってしまいやすいのかも知れません。もちろん上記のことは憶測にすぎませんが、清原選手が自分に負けて薬物に走ってしまったことは紛れもない事実です。

高校時代から見てきたものとして、残念で、残念でなりません。西武から巨人に移籍してその輝きが曇っていくさまも残念でしたし、周囲を身構えさせるほどの容貌に変わっていくさまも残念でしたし、現役時代、「無冠の帝王」の座を返上できなかったことも残念でした。あれだけの才能を持っていながら、長嶋、王と同じレベルで後世に語り継がれるほどの力を持ちながら…何故に。

清原選手逮捕の報を受け、かつての盟友、桑田投手は「逆転満塁ホームランを打って欲しい」とエールを送りました。しかし、再犯率が高い薬物事件で、社会復帰するのは非常に険しい道であることは間違いありませんし、20年以上も甘やかされた環境にいた人が、すぐに変われるほど簡単なものであれば、世の中の犯罪は瞬く間に根絶されることでしょう。
私の極めて個人的な思いですが、球界のスーパースターの名を恣にした清原選手が、真のスーパースターなら、薬物や反社会的勢力と決別し、汚名を返上した上で球界復帰を果たすことが、やるべき仕事ではないかと信じています。





-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム