知っとっけ?ブログ 【高校野球都道府県予選】球児たちの精一杯の姿に感動

【高校野球都道府県予選】球児たちの精一杯の姿に感動


各地で梅雨明けの知らせが聞かれる現在、高校野球は都道府県予選の真っただ中。ときに豪雨や猛暑日も観測される炎天下の中、高校球児たちは手に汗を握る熱戦を見せています。
全国4000を超える高校の中で、夢の舞台である甲子園球場の土を踏めるのはたったの49校。当たり前の話ですが、頂点を極めた1校以外は全て敗北を経験します。だからこそ、勝者ばかりでなく敗者にもドラマがあり、その悔しさをバネに、人生の様々ステージで勝利を掴んだという話は枚挙に暇がありません。

甲子園
甲子園 / ryosalem


私自身も、褒められるような結果を残したわけではありませんが、高校球児として3年間白球を追いかけた人間の一人として、今度はいち高校野球ファンとして時間があればケーブルテレビで予選を楽しみ、朝刊のスポーツ欄に掲載される県予選の結果に目を凝らし、盆休みは贔屓の件に関係なくNHKにチャンネルを合わせています。

甲子園まで行けば、どの代表も予選を勝ち抜けた強さを兼ね備えていますが、都道府県予選は、それこそ何とかキャッチボールができるレベルからプロ注目の逸材までが対戦する可能性がありますので、大会がある程度進むまでは、それこそ様々な試合を楽しむことができます。
明らかに片手間で野球をやっていたようなチームはすぐに分かります。それは試合中の所作ですぐに明らかになりますので、そのチームは早々に姿を消します。案外学業も中堅どころの公立校で見かけることがあります。こうした場合、「学業も部活もそこそこやる」って感じなのかなと勝手に感じ、どっちつかずの中途半端な人生を送らなければいいな、と思ってしまいます。
しかし、部員が少ない、学校が力を入れてくれないなどの事情を抱えながらも一生懸命に練習を重ねてきたチームはたとえ大敗しても、その戦う姿勢に拍手を送りたくなるものです。そして彼らの野球は終わっても、その後の人生に幸あれと心から願いたくなるものです。

全ては野球から学んだではないか!


スポーツ選手は選手の時代よりも引退してからの人生の方が遥かに長いのと同様に、高校球児はごくごく一部を除いて野球はあくまで部活であって、将来の進路選択も含めて本当に人生はこれからです。でも、白球を追いかけた3年間は、人生におけるたった3年間に過ぎないけれども、心の中には深く深く刻まれた濃密な期間であることは間違いありません。

DSC_0984
DSC_0984 / alexxis


私の在籍していた学校は、いわゆる進学校、「お勉強ができてナンボ」の世界でしたから、「部活などもってのほか」という考えを堂々と表明している先生方も少なからず存在する学校でした。その先生方は進学校の教師という使命を全うせんとしていた訳ですから、別に恨みはありませんが、お陰様で肩身の狭い3年間を過ごしたことは事実です。そうなると却って意地を張ってしまうのが私の性分ですが、そんな環境にいると野球部の人間はあるいみ意志の世界にいる人間で、休み時間を過ごす場所は学校内ではなく部室だったような気がします。

思春期の真っただ中、人生で最も多感な時期に、よくも3年間野球に没頭したものだと思います。きっと犠牲にしたものも大きかったのでしょうが、私は得られたものの方が遥かに大きかったと思っています。当時一緒に過ごした仲間たちは、頻繁に会うことはできませんが何かあればすぐに連絡を取り、それまでのブランクが嘘であったかのように語り合える親友たちと信じています。

野球への取り組みを通じて、「人として」物事に取り組む姿勢、短時間で結果を出すための効率の良いトレーニング法の探究、不条理などの清濁併せのむ精神など形は違えど学ぶんで今に活かしていることは挙げればキリがありません。あの判断、あの感情、あの割り切り…、今、仕事や生活において迫られる数々の選択の局面における判断基準はほとんどが高校野球によって培われてきたと言っても過言ではありません。

ただ、自分自身選手としてもチームとしてもこれといった結果を残せなかったことやチーム運営に苦労したこともあり、引退後はしばらく高校野球から離れた時期もありました。その間、社会に出てから数多くの人と出会った中で、「何でこの人は…」と感じた人の多くは物事に打ち込んだ経験のない人でした。そのとき、「僕には野球があって良かった」と思えるのです。案外その手の人は、物事に打ち込むような人をバカにする傾向にありますが…。

私は取るに足らない元高校球児の一人ですが、、私自身が一人前の人間になって自分の生き方に誇りの持てる人間になること、これが私を育ててくれた野球に対する恩返しであり、これまで出会ってきた指導者やチームメイトへ示すことのできる感謝の念であると思います。
先の長い話にはなりますが、ひたむきに白球を追いかける球児に刺激を受けて、また頑張ってみようと思いました。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム