知っとっけ?ブログ 【横浜DeNA】いよいよ後半戦。CS進出へ

【横浜DeNA】いよいよ後半戦。CS進出へ

2016年ペナントレースもついに後半戦に突入しました。現在セ・リーグは首位を独走する広島東洋カープを、他5球団が追いかける構図になっています。2位以下の5球団のゲーム差じりじりと離れつつありますが、連勝連敗が続けば一気に縮まりますので依然予断を許さない状態が続いています。

さて、4月以外はそこそこの戦いぶりを見せてきたベイスターズ、前半戦は投手陣の奮闘で遅れを盛り返したものの、今投手力にやや陰りが見えている状態、それを補うべく打線が上り調子ですが、ちょっといい投手が出てくればそう簡単には打てませんから、まずは「ディフェンス」をしっかりと固めたいところです。従って後半戦の戦いのキーを握るのはやはり投手陣。個人的には若手の台頭によって二軍暮らしを余儀なくされている、TBS時代、DeNA草創期を支えた中堅~ベテラン投手陣の奮起を促したいところです。長い長い低迷期、ファンも辛かったでしょうが、実際にプレイしていた選手はその悔しさを痛切に感じていたはずです。あのときの悔しさ、辛さをエネルギーにすればもうひと頑張りできると思います。

YOKOHAMA STAR NIGHT
YOKOHAMA STAR NIGHT / taka_suzuki


上位3球団までに日本一の可能性が生まれたクライマックスシリーズ導入から10年目。12球団で一度も進出したことがないのがベイスターズ。すなわち、ポストシーズンが始まってから一度もAクラスになっていないのです…

もちろん目標は高く持つべき。ですから、いくら弱小チームとはいえ目標は優勝でいいんです。ただ、現実的な目標としては今年はクライマックスシリーズ初出場でしょう。昨年はもう少しのところで逃してしまいましたが、今年も手の届くところにきています。チームとしてポストシーズンを経験すれば、それは今後の大きな自信になるはずです。ですから今年は何としても出場権である3位以内を確保してほしいと思います。


常勝軍団、もしくは勝つことを宿命づけられたチームは、一人ひとりがチームが勝つために何をすべきかを指向しています。この状況で同の方向に打つべきなのか、とか、ピッチャーの球数を稼ぎ、球種球質のデータを取るためにファウルで粘るとか、全員がやるべきことをやってチームが機能しています。それが連綿と受け継がれ、「当たり前」となっているのが巨人軍の強さの秘密なのでしょう。5年前にゼロ、いやマイナスからのスタートを切ったベイスターズは、そのあたりはまだこれからの段階です。しかし、余計なエラーをする、余計な四球を出す、味方が点を取った直後に失点する、など、とにかく意識を高く持つことで防げるミスの芽を事前に摘んでおくことが大事だと思います。

戦力が拮抗しているチーム同士の戦いの場合、勝負を分けるのは「ミス」につきます。野球にミスはつきものですが、いかにしてミスをしないか、もしミスしてしまったらどうやってカバーするかなどの対策を立てておくことも重要です。やや層の薄い感は否めませんが、戦力的にはセ・リーグ他の5球団とそん色のないレベルになってきました。あとは、いかにミスをしないかにかかっているのです。

横浜スタジアムは、今やまさにボールパークと化し、チケット入手もやや難しくなるなど、興業面では驚くほどの改善、進化を遂げました。最後に残ったのは「結果」。結果が伴わなくては、最近球場に足を運んでくれるようになったファンは離れてしまいます。この5年間の改革と、草の根的なファン活動運動は、クライマックス・シリーズ進出とによって報われ、選手もファンも成長していくのではないかと思っています。
毎日18:00を過ぎるとなんだかソワソワする毎日がしばらくは続きそうです。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム