知っとっけ?ブログ 【球春到来】プロ野球12球団、いよいよキャンプイン

【球春到来】プロ野球12球団、いよいよキャンプイン


2月1日、球春到来。いよいよプロ野球12球団が一斉にキャンプインします。10月のペナントレース終了後、CS、日本S、侍ジャパン壮行試合に、秋季キャンプと、シーズンオフとは言え決して野球を離れていたわけではないので、束の間のオフシーズンにリフレッシュとメンテナンスを行い、1月の自主トレで慣らし運転を行い、キャンプでいよいよ再始動といった感じでしょうか。一昔前と比べれば、トレーニング理論が発達しした上に、オフをいいことに遊び呆ける選手も少なくなったので、キャンプインでさえ選手にとってはひとつの節目に過ぎないのかも知れません。

しかしながら、食うか食われるかの激しい競争に晒されている世界ですから、キャンプは技術や体力の向上のみならずレギュラー奪取に向けて絶好のアピールの機会。数少ないチャンスをモノにする運や集中力もプロで生き抜いていく実力のひとつです。ですから、たかがキャンプ、されどキャンプ、彼らにとっては一日一日が勝負の日々が続くのです。


今年は開幕前にワールド・ベースボール・クラシック。DeNAは?


そして今年は開幕前にワールド・ベースボール・クラシックが開催されます。侍ジャパンには、ぜひとも頑張っていただき、世界一を奪取してもらいたいと思いますが、日本の威信をかけてWBCに挑んだメンバーがいざシーズンを迎えてどのような影響が出るかが心配です。

2006年のWBCでは侍ジャパンの世界一に貢献した多村仁選手が、ストライクゾーンの違いから絶不調に陥り、クロスプレーの際に肋骨を4本骨折してシーズンを棒に振ったのは有名な話です。
また、村田修一選手も、準決勝の韓国戦で一塁ベースを回った瞬間に肉離れを起こし、前半戦は欠場を余儀なくされました。
日の丸を背負うことは、誇りであり、何物にも代え難い価値あるものであることは確かですが、それによって負ったケガや、シーズンへの影響は保障されることはありません。日の丸を背負う名誉と引き換えに、プロ野球選手としての選手生命を差し出すのは酷なようにも思えます。かつて中日、落合博満監督がWBCの選手派遣に協力的でなかったのも一理あると言えそうです。

ただ、個人的に言わせていただければ、ベイスターズから選出されたのは筒香選手のみ。繊細な感覚を大事にする選手ではありますが、コンディションやストライクゾーンを言い訳にする選手ではありません。侍ジャパンのクリンナップを背負う責任感や他球団の選手から刺激を得て、却って大きくなって帰ってくるように思えてなりません。

キャンプ、オープン戦とペナントレースに向けてチームの状態が上がったときに、世界を相手に戦ってきた筒香選手が、打順だけではなく精神までも「不動」の4番となってそのピースに加わることで、ベイスターズが2017シーズンも十分に戦える力が整うと思います。

2016101703.jpg

2016年、初のCS進出。第1Sを制し、第2Sでも王者カープを追い詰めたベイスターズにとっては、優勝争いを繰り広げて、「強豪」としての地位を盤石なものとしたいところ。山口投手の巨人移籍は痛手ながらも、それをバネにして戦ってほしいです。内川選手、村田選手、藤田選手…ベイスターズを出て移籍先で日本一を経験した彼らがいなくても、番長三浦投手が一勝もできなくても、昨年はAクラス入りを果たしました。絶対的な力をもつ選手だけに頼らなくても、チーム一丸となて勝利を手繰り寄せてきたのがベイスターズです。ですから、今年はキャンプインから大きな期待を持って見守りたいと思っています。

…とは言え、毎年この時期は期待に胸を躍らせる訳ですが、開幕を機に徐々に下方修正し気付いたら最下位なんてことも珍しくはありませんでした。今年こそは、夢が10月まで続くことを願っています。









-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム