知っとっけ?ブログ 【森友学園問題】選ぶかどうかは親の判断だと思うが…
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【森友学園問題】選ぶかどうかは親の判断だと思うが…


学校法人「森友学園」が豊中市の国有地を格安どころか爆安価格で購入していたことを巡って国会が紛糾しています。トランプ政権の動向は注視が必要ですし、北朝鮮が見せた不穏な動きも日本にとっては大きな懸念材料であります。政府にとっては猫の手も借りたい中で、よくもまあ、色んな攻撃材料を見つけてくるものだなと民進党をはじめとする野党の執念には感心してしまいます。

素人目に見ても、ゴミ撤去費の名目で8億円の値引きは不自然ですし、この「森友学園」が安倍首相の支持母体のひとつである日本会議色の強い教育を行っていることからも、そこに何かやましいことでもあるのではないかと、野党各党は躍起になっているわけですが、この点に関しては、どうせ「説明が足りない、誠意が足りない」と言われようとも白黒はっきりとさせる必要があると思います。

政治活動は、限りなく黒に近いグレーの面も含めて清濁併せのんで初めて前に進める面もありますから、特に長期にわたって政権政党を担ってきた自民党ならば、叩けば沢山のホコリは出るでしょうし、舛添前都知事が説明しても理解を得られなかった「政治の機微」は少なからずあるはずです。この点について、傍から見れば限りなく黒に近いグレーなわけですから、水際の判断をしたことのない野党にとっては格好の攻撃材料です。ですから、こうした「脇」の部分の理論武装も危機管理なのかなと思えます。


教育基本法違反が疑われる「塚本幼稚園」の教育について



2月22日、民進党・福島のぶゆき議員は、学校法人森友学園が運営する「塚本幼稚園」で、日本会議が発行する「憲法改正署名用紙」や、特定の政治勢力に対する罵詈雑言が書かれたプリントが配布されていた点を指摘し、「憲法改正を求める署名用紙を配布したり、『中共の手先』などと書かれた文書を配布することは、(教育基本法で禁じられている学校での)政治活動にあたるのではないか?」と、質問した。

森友学園・塚本幼稚園、教育基本法に違反する政治活動を行っている「個別具体的事例」|ハーバー・ビジネス・オンライン


上記の記事にあったように、確かに「法律に定める学校」がここまで露骨にやってしまっては、偏っていると言わざるを得ません。日教組の先生方が見たらそれこそ失神してしまうような教育内容です。記事の内容が事実であるならば教育基本法違反に問われても言い訳できないでしょう。

建前上は教育は中立であるべきです。子供たちはその中で自らの頭で考え判断することを繰り返して自身の思想信条を築き上げていくのが理想です。しかし、教育が国家の施策である以上、「ひいては」国家のために貢献する人材を作ることが目的です。そもそも「国を愛せ」などと教わらず却って嫌いになるような教育が行われれていても、読み書き算盤の最低限の教育はきちんと面倒を見てくれる国が日本のなのです。

それはともかく、建前上は中立な学校教育も、現実を見れば必ずしもそうでないことは明らかで、日教組の先生方を筆頭に新興宗教を母体とする学校等では、偏向した政治教育や特定の政党を支持するような教育及び政治活動が行われ、半ば黙認されてきた経緯があります。今回の国会の騒ぎでも偏向教育の先頭を走ってきた日教組を支持母体とする民進党の議員から、「教育基本法に反する」と追及の雨を降らせてるから不思議なものです。

従って、建前上は教育は中立であるべきですが、露骨ではないにしろ多かれ少なかれ政治色が出てしまうのは仕方がない一面もあると言えるのではないでしょうか。

今回の報道を受けて、「教育の現場に思想信条を持ち込み、判断力もままならない幼児に刷り込む『狂育』」であると批判する教育評論家の方もいましたが、その人たち自身が教育に中立などあり得ないことをよく知っているはずですし、偏向した戦後教育や、結果的に失敗に終わったゆとり教育の推進者だったはずです。日本国憲法第九条にしても、戦後70年が過ぎ、国際社会も劇的に変化している中で、議論さえも拒絶し、お題目のように唱え続ける先生方が新安保法案の際、授業で政権批判を全くしませんでしたか?いいえ、散々やったでしょう。本来ならこの先生方も教育基本法違反で懲戒処分でしょう。そうしたら、思想信条の自由を盾に反論するのでしょうけれど…。

したがって、判断力もままならない幼児を守りたいのならば、やはり親御さんの判断に尽きるのではないでしょうか。幼稚園は義務教育ではありませんし、選択権はこちらにありますから、入園時や入園後にもきちんとチェックをするべきです。幼稚園で行われている教育が偏っていると思うのなら、ためらわずに我が子のために園を変えるべきです。学校でお子様をお預かりしているとはいえ、最終的に我が子を守ることができるのは親御さんなのですから。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。