知っとっけ?ブログ 【iCube】VRはプロ野球を変えるのか?

【iCube】VRはプロ野球を変えるのか?


「努力したから成功するとは限らないが、成功した人は間違いなく努力している」という旨の金言は飽きるほど聞かされていると思いますが、これはスポーツの世界にも当てはまります。練習したから上手くなるとは限りませんが、大成した選手は間違いなく血の滲むような練習をしています。

私たちがアスリートの姿に触れるのは試合のほんの短い時間です。アスリートたちは試合に臨むまでに練習とコンディショニングに全てを捧げます。それでも、力を出し切れる選手、出し切れない選手と明暗が分かれる訳ですから現実は残酷だということは痛く思い知らされます。

アスリートにとって、練習の日々が日常、試合が非日常であって、その非日常の試合でどれだけ日常の成果を出せるかが成否を分けるカギとなります。たとえ天性の才能に恵まれた人であって本番委結果が出せるかはもいかに(練習で)いい準備ができたかに掛かっているのです。
しかしながら、限りない可能性を秘めた…もしかすると他の才能もあったかもしれない、もっと同年代の人たちがするような遊びや恋も経験したいかもしれない時代にその時間の大部分を練習に費やすのには、強靭な精神力が要求されます。自身が関わる競技に誇りを見出し、全てを捧げるくらいの覚悟があってこそ、第一線のアスリートが務まるのではないかと思います。

ただ、永遠にも思える途方もなく長いルーティンを積み重ねていき中でいつしか、それが「練習のための練習」となり、肝心の「試合」が置き去りにされてしまうことも少なくないのです。「努力したから成功するとは限らない」という言葉の真意も、こうしたことからもそれが「正しい方向を見ているか」を問うていることが見て取れます。
そんな中、多くのアスリートができるだけ実戦に近い環境で練習するよう試行錯誤をしてきたと思います。投手であれば、ブルペンでも打者がいるイメージを持って投げてみたり、様々なシチュエーションを想像しながら意図した投球ができるか試したり、打者であれば、打撃投手を「仮想〇〇」としてイメージしたりと、あくまで想像力を働かせての工夫に留まっていました。これまではこうした「イメージ力」の強い選手は、おそらく有利だったと思いますし、これは身体能力を上回る「センス」であると思います。
しかし、今年、ついにプロ野球の練習にもVRが取り入れられることになりました。


ベースボールトレーニングVRシステム「iCube」日本球界初導入(2017/3/1)

2017030601.jpg

手の能力向上やチーム力強化を目的としたVRシステム「iCube(アイキューブ)」を2017年シーズンから導入することになりましたので、お知らせいたします。なお、本システムの導入は、日本球界初となります。
「iCube」はアメリカ合衆国のベンチャー企業であるEON Sports社が開発したVR(バーチャルリアリティ)を用いて行う最先端のベースボールトレーニングシステムです。
2015年より横浜スタジアムに導入しているボールトラッキングシステム(トラックマン)に蓄積されたデータに加え、撮影した映像を組み合わせ実際の投手の投球をリアルに再現。
プレーヤーはヘッドマウントディスプレイを着用することで圧倒的な臨場感の中、投球の速度、球筋、ノビ、変化球のキレなどをリアルに体感することができる他、蓄積されたデータの中から対戦投手や球種などを自由に選択できるため、試合に向けたより実践的な準備をすることが可能となります。


これまで想像でしか再現できなかった実践感覚をVRで再現し打撃練習に取り入れる画期的なシステムを横浜DeNAベイスターズが導入するというニュースを聞き、さすが進取の気性に富んだ企業のすることだなと感じました。重鎮の皆様には想像だにできない練習方法ですが、かれらの類まれなき「勘ピューター」よりも遥かに精度の高い実践環境がこのiCubeで再現されるのです。

現在も使われているフライトシミュレーターやレーシングシミュレーターも操作手順等を習得するには有用でもやはり実際の飛行や走行を完全には再現できないと聞いています。同様に、このiCubeも当然のことながら完全再現ではないと思いますし、ましてやこちらは人が主体の競技ですから、触覚や質感、場の空気も含めて試合の臨場感を再現はできないでしょう。しかし、これまでのシミュレーター同様、ボールの軌道やスピード感、配球パターンなど、実践イメージを後押しするのに十二分な情報量があると思います。ある程度一軍で登板した投手にとっては試合前に手の内は丸裸にされているわけですから投手受難の時代到来とも言えそうですが、そこは実際は人間対人間の勝負ですから、どういった結果となるかはシーズンが始まってみないと分かりません。

あくまで個人的な意見ですが、私が贔屓にしているベイスターズがiCubeの成果を通じて打棒が輝きを放てばうれしく思います。またいち野球ファンとしては、iCubeを上回る投球術を各球団のエースが披露することによって投打ともにレベルアップすればいいなと思っています。選手の大型化が進んでいると言っても、欧米人と比べるとまだまだ身体能力には劣る日本人。彼らと対等以上の勝負をするためには後にも先にも頭脳戦しかありえないのです。

とにかく、2017シーズンの楽しみがひとつ増えました。開幕が楽しみです。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム