知っとっけ?ブログ 【2017都議選】大丈夫か?都議会第一党のほとんどが未経験者

【2017都議選】大丈夫か?都議会第一党のほとんどが未経験者


2017年7月2日に行われた都議会議員選挙は、大方の予想通り小池都知事率いる都民ファーストの会が圧勝。開票間もない時間ながらも「自民歴史的大敗」の報がメディアを賑わせています。

都民ファーストの会圧勝の要因は何といっても小池都知事の高い支持率。都議会のドンや豊洲移転問題にまつわる既存勢力を悪者に仕立て上げる見事なパフォーマンスで、その姿たるやまるでジャンヌダルクを彷彿とさせます。「改革」を叫んでも小池都政としての実績はほぼゼロに等しい状態。結果が出ていない、まだ道半ばであるからこそ、都民が夢を見ているうちに都議選が行われたことが功を奏したのだと思います。

都庁
都庁 / minoir


あるテレビ番組では「自民党独裁が崩れる予兆」と識者がコメントしていましたが、自民党の独裁状態は野党があまりに情けないために生まれた状態ですから、「自民党の驕り」「盛者必衰」と結びつけるのは安易だと思います。ただ、執拗というか、捨て身の追及が実ったのか、多少たりとも逆風を吹かせることに成功したに過ぎません。都議会は都民ファーストの会が握ったとしても、国政における自民党の優位性は野党の体たらくが続く限り揺らぐことはないと思われます。

さて、都議会に話を戻すと、都民ファーストの会の勢いに加え、地方議会選挙では無敵の強さを誇る公明党が組んだのですから当然の勝利です。国政では自民党、都議会では都民ファーストの会と、まるでカメレオンのように姿を変える公明党の姿勢は甚だ疑問に思えますが、強力な支持母体がある以上、疑問を持った人はどうせ票にならないわけですから気にも留めないわけで、彼らにとっては必然の活動であると言えるでしょう。国政に少なからず影響力を発揮してきた公明党は、都民ファーストの会率いる都議会でも発言力を増して、間接的に国政への影響力を増したい意図が見え隠れします。そのあたりも含め非常にしたたかな動きを見せていると思います。

ただ、非常に気がかりなのは、ただでさえ勇気のいる都議会議員への立候補、都政を変えたいという志は理解できますが、過半数を上回る都議会第一党の議員の大部分が未経験者であるというのが非常に恐ろしく思えてならないのです。これは推測も含めてですが、議員が未経験者に務まるほど甘くはありません。新人議員は先輩から必死で学び、その姿勢を通じて有権者の信頼を勝ち取り、次の選挙でも勝っていくのです。ですから当選〇回は、議員としての経験と信頼の証でもあるのです。もちろん既得権に染まることもあるでしょうし、時には手を汚すこともあるでしょう。また限りなく黒に近いグレーな取引を迫られることもあるかも知れません。

今回の都民ファーストの会の方たちは、色は付いていないかも知れませんが、そういった高度な判断に堪えられるか、決断を下せるかに不安があります。とすると、大部分が再選を果たしてる公明党が影響力を増してくるように思えるのです。ド新人なら高度な判断は経験者や先輩の意見を聞いたり、ときには委ねざるを得ません。そうすると、公明党が都民ファーストの会を意のままに操る事態にもなりかねないのです。

これはあくまで仮説に過ぎませんが、この影響が国政に及ぶとなると、ちょっとどうかな…というのが私の正直な思いで、「こうならなければいいな」というのが本音です。地方なら福祉や教育に熱心に取り組むも、国政となると戦前を暗黒視し、先達を畜生扱い、さらに中韓関係を最重要視し「日本の先生」と崇め奉る。これが彼らの本性ならば、現在の野党に政権を渡すよりも危険な状態に陥りかねません。

今後、小池知事も、都民ファーストの会の都議会議員一年生も、これから厳しい世論の評価に晒されます。もてはやしたマスコミは今日を境に敵側に回ります。第一党の一年生議員が過半数ということも異常事態ですが、必死に考え、必死で学んで、逆に「それみたことか」という成果を見せて欲しいと思います。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム