知っとっけ?ブログ 【所感】会社2・8の法則はきっと真理

【所感】会社2・8の法則はきっと真理



2・8(にっぱち)の法則は、様々な局面で語られますが、こと会社組織に当てはめていえば、会社の発展に寄与している優れた社員が2割、残りは大勢に影響を及ぼさないもしくは、「使えない」社員が8割いることを指します。

使える社員が2割と言うのは心許ないと、スペックの高い社員を多数雇っても、雇った社員が思いのほか使えなかったり、これまで2割の側にいた社員がスポイルされたりと結局は2・8に落ち着くというのです。
優秀な社員が流出してしまっても、かつて8割の中にいた社員が育って結局は2・8に落ち着くというから不思議な話です。

この2・8の法則は恐らく科学的には実証されていないでしょうが、多くの人が感覚として実感していることです。一流と呼ばれるハードルの高い企業で相当な競争率を勝ち抜いた精鋭たちもいざ入社してしまえば2・8の法則に当てはまるように、使える人材と使えない人材とに分かれていくのです。

理想を言えば、社員全員が精鋭で、それぞれが局面を打開する力を持っている状態が理想でしょう。例えばV9時代の巨人軍や80~90年代初頭の西武など、個の力がチームの勝利という目標に向かって最適化されている状態は、無敵と言えるでしょう。しかしながら、会社組織は、利益を出すという目標の前に、部署ごとに与えられた役割も千差万別であるがゆえに、部署ごとの都合や論理が働いてしまう点においてスポーツチームとは異なる事情を抱えてます。

それぞれの部署の都合を強く主張してしまうと自部署は良くても他部署と軋轢を生む結果となりますし、あまり主張しないと自部署の不平不満を抑えることができません。本当は会社の成長を願いひいては自身の生活を豊かにしたい強烈な希望があるはずなのに、実際やっていることは「足の引っ張り合い」という笑うに笑えない事態が発生しているのが会社組織なのです。

こうした様々な思惑が複雑に絡み合っている中で、構成員全員が使命感に燃えた精鋭で、成長志向でかつ常に問題意識を持ち解決に全力を傾ける人材ならば、経営陣にとってこれほど「めんどうくさい」ことはありません。ただでさえ、部署の主張を押さえ、調整する立場の経営陣としては、相手の能力が高いとだましてすかして言い含めることができません。構成員の能力が高いことが却って会社の連帯を乱すことにもなりかねないのです。本音は、会社を牛耳っている人たちの立場が怪しくなる…というのが大きいですが。

その意味で、多くの経営者が口にする「優秀な人材が欲しい」というのは、あくまで8割の人の中で代替が利く業務の精度の高い人であって、決して2割の会社を動かす人材ではないことが多いのです。不思議と会社組織にも当てはまる2・8の法則は自然にそうなっているふしもありますが、実際は、経営陣がそうなるように望んでいるとも言えるでしょう。実際優秀な人材が2割を超えてしまうと、既得権のある人の地位が脅かされることになるのです。

これまで述べてきた2・8の法則。大企業になるとその2割の人材の優秀さが抜きんでていることが多いように思えます。言い換えれば会社を支えている2割の人たちの質が会社の規模や社会貢献度に繋がっているのです。大企業なら、その2割の人間の貢献度が絶大であることはいうまでもなく、定年まで役付きになれない社員でさえも場合によっては中小企業の役員以上の賃金が保障され、消化できないほどの休暇のある生活を送ることができます。きっと彼らが2割の人に養われていることなどつゆとも思いはしないでしょうかれど…。

2割の人材になりたいのか、それとも8割の衆の一人で甘んじるのか。まずは自分がどちら側にいるのかを自覚することから始まると思います。自分は食わせている人材なのか、食わせてもらっている人材なのか?その見極めから成長は始まるのではないでしょうか。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム