知っとっけ?ブログ 【衆議院総選挙】自民が単独過半数の勢い
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【衆議院総選挙】自民が単独過半数の勢い



記録的な強さの台風が日本列島を通過する中実施された衆議院総選挙の投票結果は、開票間もなく与党圧勝の情報が報じられ、森友・加計問題で怪気炎を上げる野党を黙らせる形となりました。

総選挙まで、与党の選挙戦は第2次安倍政権発足以降は最も厳しいものであったと思います。それは、マスコミによって形成される世論によるものが大きかったように思えます。政権の高い「不支持率」、安倍政権の続投を望まぬ声が多数と報じた毎日新聞はこの選挙結果をどのように受け止めるのでしょうか。

安倍晋三
安倍晋三 / fzhenghu


いずれにしてもはっきりとしたのは、これまでテレビや新聞の影響力によって作られてきた世論はもはや信頼に足るものではないということではないでしょうか。また、その論調も必ずしも正義でもなければ、事実を報じているとは限らないことも明白になったように思えます。新聞であれば当然バイアスがかかっていますし、テレビでも両論併記の原則はありながらもやはりパイプの太い新聞社の色はどうしても出てしまいます。

従って、ひとつの新聞、ひとつのチャンネルといった媒体からの情報では真実は見えてきません。右も、左も、中道も、無関心層も含めて様々な視点に触れなければ物事の本質は見えてこないのではないでしょうか。ただ、残念ながら、様々な偏向報道を垂れ流したマスコミも「自分は正しい」という信念が揺らぐことはなさそうですので、有権者には様々なソースから情報を仕入れて、多角度から判断する能力が求められるのです。

少なくとも選挙の結果は、国民の意志を反映したものに他なりません。しかし、今回の解散を「大義がない」「お前が国難」と吐き捨てた識者はどのような言い訳をするのでしょうか。
恐らく「天候不順で投票率が落ちた」「野党分裂で票が割れた」「ポピュリズムの権化だ」と様々な論調が予想されますが、それこそ国民をバカにした物言いのように思えます。やはり、派手なパフォーマンスや、パズルの組み換えをしても、日本の在りようを明確に示せない党に、日本を託す気になる人がいるでしょうか。

安倍政権に対して不満が高まっていようと、それに代わる野党が安倍政権以上のことをできる状態ではとてもないことは誰の目にも明らか。その時点で今回の選挙の結果は見えていたのだと思います。

しかしながら、不完全ながら、今回の野党の分裂劇によって、これまで寄せ集め所帯であった民進党が分裂し、希望の党へ合流する者、左派グループが立憲民主党を立ち上げ、野党のカラーがはっきりしてきたのが唯一の救いだったように思えます。

自民党を脅かす政党が現れ緊張感ある政治が繰り広げられるには、一にも二にも強い野党の存在です。今回はおぼろげながらもその道筋が見えたような気がします。新しく生まれ変わった野党には、単なるあ下足取りではなく、この国の在りようを明確に示してもらいたいと思います。

とまあ、マスコミは騒ぎ立てたものの、何だか予定調和的な選挙結果に、ホッともしたし拍子抜けもした開票速報でした。







-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。