知っとっけ?ブログ 【幼児・大学】教育無償化と言うけれど…
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼児・大学】教育無償化と言うけれど…


安倍政権が掲げる公約のひとつである「教育無償化」に関しての議論が本格化しています。豊かな社会の醸成は、短期的には経済政策が肝要と言えますが、長期的視野に立てば教育に注力し、将来の我が国を担う人材を育成することであることは言うまでもありません。その意味で家庭の経済事情に関係なく平等に教育の機会が与えられる「教育無償化」は、一見聞こえは良いようですが、果たして効果はいかほどなのでしょうか?

「ものつくり大国」と呼ばれた日本の底力を支えているのは高い教育水準に他なりません。日本に滞在している外国人に言わせれば「ホームレスが新聞を読むことなどあり得ない」わけで、貧しい人は教育はおろか字さえ読めない人もいて当たり前というのが世界の多くの国の常識です。しかしながら、識字率はほぼ100%、誰しもが読み書き算盤の技術を習得している日本の教育力は、何だかんだと言っても高いレベルにあります。

Chuo University Tama Campus: 3rd
Chuo University Tama Campus: 3rd / Dick Thomas Johnson


とは言え、人口減少時代に加え、経済成長も頭打ち状態の日本にあっては、遠からず「国力の衰退」という深刻な問題に直面するには時間の問題で、その原因の最たるものは少子化にあることは言うまでもありません。識者は少子化の原因が晩婚化や、趣味の多様化といった若者気質の変化を挙げますが、私はそれ以上に若い夫婦を取り巻く経済状況の不安定さが原因なのではと思っています。

子育て世代の経済状況は決して楽ではない家庭がほとんどでしょうが、「家族のためにお父さん頑張るよ」といったモチベーションが家計にも跳ね返ってきたのは今や昔。現在は、頑張ったところで給料が上がる保証はなし。希望のない環境で、子供を育てるのは非常に苦しいというのが現実のところ。それならば、子育て世帯には税制優遇や教育費用の低減と言った手厚い保障があれば、少子化対策を後押しする施策となるはずです。議論すべき点は多々ありますが、幼児教育の無償化もその一環となればと思います。

ただ、大学の無償化はいかがなものか…と思います。
大学進学率は現在50%強。数字の上では大学全入時代。大学によっては中学生レベルの授業をやり直すなどその存在意義を問う意見がかねてから出ているのも事実です。偏差値だけで大学の価値を測ることはできませんが、ほぼ無試験で合格でき、授業が成り立っていない所謂「Fラン大学」ならば、若者たちに4年間のモラトリアム期間を与えるよりも一年でも早く社会に出てもらって頑張ってもらった方がよほど本人にも、社会のためにもなるのではないでしょうか。

誰もが大学に行ける時代の到来は一見夢のようですが、最高学府たる大学の質の低下を生み、さらに無償化ともなると、無為な4年間を過ごす若者を量産することにもなりかねません。教育の質を保つためにも大学は「選ばれた者」が通える最高学府でなければならないと思います。全員横並びに大学に活かせるのではなく、可能性がある学生には、保護者の所得に応じた奨学金制度を充実させれば経済事情によって優秀な人材の教育機会が奪われることを免れるはずです。

団塊ジュニアの最も競争の過酷な時代に大学受験を経験した私自身、高校時代、大学で遊び呆けている先輩の姿を見てはがっかりしてきましたし、まるでレジャーランドと化した大学の姿に失望を覚えたこともありました。大学進学率が2割の時代でこれです。
若い人材が貴重となる時代を迎えるからこそ、大学は「選ばれし者」が通える最高学府であらねばならないと思うのです。










-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。