知っとっけ?ブログ 「平成三十年」~時代のうねりと、堺屋太一氏の近未来予測
FC2ブログ

「平成三十年」~時代のうねりと、堺屋太一氏の近未来予測


2002年(平成14年)、堺屋太一氏の著した「平成三十年」は日本が直面する近未来を鮮やかに描いたベストセラーとなりました。あれから、16年。現実の平成三十年は、あっと言う間にやってきました。当時から確実に問題になることが分かっていた少子高齢化社会の到来、それに伴う労働力の不足と市場の縮小。世界のパワーバランスの変化に伴う国際化社会における日本の立場など、バブル崩壊後の「失われた20年」の真っ最中に書かれた小説ゆえに、日本の明るい未来を想像することなど難しかったに違いありません。

当時、「平成三十年」が描いた近未来は、その描写が余りにリアルすぎたがゆえに、これが我々が辿る道なのかと半ば絶望感に駆られたものでした。この未来予想図は、必ずしも的中してるわけではありませんが、概ねその通りに現実が推移しているところに堺屋氏の経済学者としての力量を垣間見ることができます。

副題に「何もしなかった日本」とあるように、平成三十年を迎えた今も変わっていないのが永田町と霞が関であることは「さすが」と言わざるを得ません。この間に一度政権交代があったものの、基本的には変わらない、変えるのが極めて難しい権威であり、伝統であり、集合体であると言えるのかも知れません。

ただ、実際に平成三十年を迎え、少子高齢化など基本的に直面している問題には変わりはないものの、経済状況などを鑑みても、思ったほど悲観的ではないように思えます。今でこそオリンピックと言う目標があるものの、その後のことを考えるとゾクゾクしますし、景気だけは、予測不可能な要素が多いので一概に断定はできませんが、堺屋氏が予測した近未来よりも、実際の方が好転していると信じたいと思っています。

早くも半月が過ぎた平成三十年。来年には今上天皇が譲位され、平成の時代が終わりを告げます。世界を席巻すると恐れられたジャパン・アズ・ナンバーワンの時代から、バブル崩壊後の大凋落と、ふり幅の大きな激動の時代。陛下の譲位は粛々と進められ、何事もなかったかのように新しい元号がスタートすると思われますが、平成の30年間は日本の国の在りようについて真剣に考える機会を与えてくれた貴重な時代として記憶されることでしょう。

平成の終わりと東京オリンピック…。日本にとってここ数年は、様々な意味で大きなうねりが生まれる時代になるように思えます。庶民としては今日明日を懸命に生きることだけですが、この時代の大きな節目に立ち得ることを誇りに、日々を送りたいと思っています。








-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム