知っとっけ?ブログ 【カジノ法案】反対するなら既存のギャンブルにも目を向けるべきでは?
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カジノ法案】反対するなら既存のギャンブルにも目を向けるべきでは?



私が育った地域は、閑散とした駅前には数件のパチンコ屋があって、夜間も煌々とネオンライトを照らしていました。少し車を走らせると広々した駐車場を有するパチンコ屋が多数軒を連ね、休日ともなるとその駐車場は朝からその店の賑わいを感じるには十分なほど埋まっていました。

More pachinko
More pachinko / eerkmans


田舎町では、パチンコ屋はギャンブルであると同時にただでさえ娯楽の少ない地域の人たちにとってはなくてはならないものになっているように思えます。

そして、私も時々足を運ぶのですが、競馬場も重賞レースともなると足の踏み場もないほどに混雑し、レース結果に一喜一憂する人たちの姿を目にします。

「賭け事」は表向きには「いけないこと」として法律でも禁止されていますが、事実上は世界屈指のギャンブル大国と言っても過言ではありません。

近年は「ギャンブル依存症」の深刻度がクローズアップされ、ギャンブルのために身を亡ぼす人が後を絶たないことも報じされていますが、大部分の人が節度を持ってギャンブルを行っているというのが現実です。



そこで、2018年6月15日に衆院で可決された、統合型リゾート(IR)整備推進法案についてです。朝日新聞、毎日新聞、地方紙などのメディアは、

「野党の抵抗にも関わらず、自公と維新の会が強行採決

といった体の見出しであったと思います。もともとこの法律は、複合観光集客施設(統合型リゾート)を作っていこうというもので、その中にカジノが含まれるのですが、「カジノ法案」という呼び方さえ、かつての新安保法案を「戦争法」と呼んでネガティブキャンペーンをしていた勢力の姿とダブるのは私だけでしょうか。

MontBleu Casino
MontBleu Casino / ChrisYunker


今後、観光は日本にとって重要な産業の柱となります。統合型リゾートができれば観光客が集まり国内の雇用も生まれます。うまくいけば日本経済の活性化につながることでしょう。このことに関してそう異論は出ないはずですが、反対意見の多くは「なぜカジノなの?」という点に尽きます。

ラスベガス然り、マカオ然り「カジノは客が呼べる」というのが与党の本音でしょうし、国内外のギャンブル産業からの売り込みもあったことでしょう。

カジノ法案に対する反対意見は
(1)ギャンブル依存症対策が十分ではない
(2)治安の悪化
(3)マネーロンダリングの危険性


上記3点に集約されます。(2)、(3)に関しては警備を強化したり、厳しい法規制を設けることである程度対応できますが、反対意見の中でも特に多いのが(1)「ギャンブル依存症対策が十分ではない」というものです。

しかしながら、ギャンブル依存症に関して言うならば、その元凶はパチンコやパチスロ、そして競馬、競輪、競艇といった公営ギャンブルであって、カジノ法案に反対するならば、現存するギャンブル施設にもメスを入れるべきという声が出て然るべきなのに、その声を聞くことはありません。カジノだけがギャンブル依存症を増やす元凶になるという意見には説得力がありません。

もしカジノ施設ができても大部分の人が節度を持って身の丈に合わせたギャンブルを楽しむはずです。でなければ、田舎の果てまでもギャンブル施設に溢れた日本はとうの昔に犯罪大国になっていたはずです。

ですから、この反対意見は「反対のための反対」「与党の言うことは全て反対」というパフォーマンスであると思わざるを得ません。
先に述べた「カジノ法案」という呼び方も印象操作のように思えます。

野党がいかに抵抗しようと衆院を通過した以上、法案は成立の運びとなります。カジノ法案によってギャンブル依存症の人が増えることが本当に心配で、日本の将来を憂いての反対意見ならば、既存ギャンブルに関してもメスを入れるくらいの勢いでなければ、多くの国民はその意見の裏に隠れたパフォーマンスを見抜いてしまうことでしょう。
反対のための反対が吹き荒れる国会にはもうあきあきとしているのです。








カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。