知っとっけ?ブログ

【横浜DeNA】交流戦5割折り返し



2018061001.jpg

ベイスターズが苦手とする交流戦で大健闘!18年6月10日現在で10試合を消化し5勝5敗の5割。楽天戦で2勝、ソフトバンク戦で3敗、西武戦で2敗、日本ハム戦で3勝と両極端な戦いぶりですが、例年の結果を考えると上々だと思っています。

かつては、パリーグの猛者たちに歯が立たず、近年は交流戦以外では健闘するもやはり失速のきっかけになり、5割で乗り切った昨年は3位ながらも日本シリーズで王者ソフトバンクを苦しめることができました。

昨年、かねてからの強化策が花開いてきたがゆえに、今シーズンは期待していた選手が不調であったり、早々に広島カープの独走を許すなど、いまひとつ納得していないファンの方も多いかと思います。昨年活躍した今永投手、ウィーランド投手、濱口投手、梶谷選手、桑原選手、倉本選手は結果が出ていませんが、新人の東投手や神里選手は大活躍。思い通りにいかないことがネガティブな面にもポジティブな面にも現れて何とかこの位置にとどまっているという感じでしょうか。

ただ、感じることは、途中でファンが球場を去ってしまうような試合が少なくなったこと。負け試合で明日につながる爪痕を残せたり、ただでは終わらなくなっていることです。それは数年前と比べ選手層が厚くなり、選手にはまずはチーム内での過酷な競争があって、その先には試合に出場できる喜びと危機感、そして何よりチームが勝つためにはどうしたら良いかを考えたプレーをしている印象があります。私が述べるのも何ですが、随分とチームとして成長を遂げたように思えます。

大洋、横浜と個々を見れば素晴らしい選手はたくさんいましたし、誰もがプロフェッショナルであったと思います。しかし、決定的に欠けており、それが他球団との埋められない差であった、「チーム一丸の力」が桁違いに上がっていると感じされます。

2016年がホップ、昨年がステップならば、今年はジャンプの年。そう思うと勢いに乗り切れていない感がありますが、どの球団も目の色を変えて戦っていますから、そう簡単には勝たせてくれませんし、相手も同じプロ。戦力にそう差があるわけではありません。この均衡状態が解けるのは9月以降のように思えます。さらに、優勝争い、CS争いは終盤までもつれるかもしれません。

そこで勝負を決すののは「勝ちたい」気持ちと、その気持ちを気負うことなく力に変えていく冷静さではないでしょうか。その意味で、2年連続のCSと昨年の日本シリーズの経験は生きてくると思えます。

交流戦もいよいよ折り返し。勝ったり負けたりと一喜一憂する日々が続くかと思いますが、挫けずに声援を送りたいです。






-----------------------------------------------------------------

カラーコンサルタントRosa 公式サイト オープンしました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


よろしければクリックお願いします。励みになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター

プロフィール

すぎば~

Author:すぎば~
【知っとっけ?ブログ管理人】
東京都在住・現在40歳
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリ
最新記事
バックナンバー

全ての記事を表示する

Facebook
Amazon.co.jp
楽天市場 Rakuten Ichiba
RSSリンクの表示
検索フォーム